お金を大事にするためには節約とお得な取引

お金は意識して大事にする必要があります。
意識していないと、無駄なことにどんどん使ってしまいます。
大きな買い物、つまり家や自動車を買う時に、お金を意識するのも大事です。
桁が大きいので、その後の生活に意外と響くからです。
同時に、日々浪費するお金を最小限にするのも重要です。
例えばペットボトル1本買うと約150円ですが、これを300日買い続けると45000円にもなります。
45000円あれば家族で最高級のレストランで食べてもお釣りが来ます。
つまり大きいお金に気を付けることと、小さいお金の積み重ねに気を付けること。
この両方を実践することによって、稼ぎを劇的に増やさなくても
豊かな生活を送る事は十分に可能です。
このブログでは、節約やお金に関して寄せられた色々なアイディアや御意見を
気まぐれにUPしてゆきたいと思います。
コーヒーブレークに目を通して頂いて、そういう考えやアイディアもあるんだなあ
という程度に見て頂ければ幸いです。
なお、管理人は最近家を引っ越して、以前住んでいた住宅を
売却したものですから、お金の事に関して色々考えるのがマイブームとなっています。

よくよく考えると私はお金と、かなり感覚的に就きあっています、
数千万円の取引をした後であっても、100円、200円のものを買うのに迷ったりします。
電車賃を掛けてバーゲンセールへ行っても、結局買ったのは1品2品、
せいぜい得をしたのは1000円程度、ということもあります。
電車賃を差し引くと数百円しか得をしなくても、「バーゲン行ってよかった」
と思う事もあるのです。
もし将来的にきちんと生活の資金になるようなお金を貯めようと思ったら、
ある程度冷静に自分のお財布を分析しないとと思った次第です。
まとまりのない文章になってしまいましたが、気軽にUPしてゆきたいと思いますので
よろしくお願い致します。

 

2014/07/16 22:40:16 |

節約という言葉だけ聞くとちょっと暗いイメージになりがちですが、楽しく節約できる方法もあります。
色々な方法がありますが、自分が実践しているものの一つに、「行ったつもりおうちレストラン」があります。 最近はクックパッドなどでお店のメニューに似せたレシピを公開している方がいて、そのレシピを参考に子供たちと一緒に作っています。 子供が3人いる我が家は外食に行くとかなりの金額がかかってしまいますが、この方法では材料費と光熱費だけなのでかなり浮かせることができます。盛り付けもそれっぽくしてなるべく雰囲気を出すようにしています。 レシピを公開されている方はすごく研究していて、私でもあまり失敗したことはありません。 やっぱり外食にはかないませんが、子供たちは喜んでくれます。 そして何より手作りなので、安心して食べさせることも出来るし、アレルギーなどの心配も要りません。 お菓子などもよく手作りしますが、市販のものより多少まずくてもうれしいようです。 学校から帰ってきてお菓子の良い香りがしているとうれしそうに「今日は何?」とキッチンにやってきます。 遊びに来たお友達に出しても喜んでもらえて、「また作ってね」と言ってくれます。 自分は節約のつもりで作っているのですが、こんな風に喜んでもらえると本当にうれしくてもっと頑張ろうという気持ちになります。 節約って母の愛情…ですね! 我が家のためにもお友達のためにもみんなを幸せにできる節約って素晴らしいなと思う今日この頃でした。 明日は何を作ろうかな?
お金を大事にするブログのトップへ戻る

2014/07/05 23:13:05 |

我が家の台所で常識となっている節約術についてお伝えします。
我が家は母とふたりで食事当番をしているのですが、血液型の違いからなのか性格が違うからなのか、料理の作り方に少々違いが出てくることが多いのです。 母はダイナミックな料理を得意としているので、大なべで大量に作る系であるおでんや肉じゃがなどの和食を得意としていますが、なにぶんダイナミックなため、材料を大量に投入したり、翌日の夕方まで食べきれないほどの量を作ってしまうのです。 その反面、私は味の染みこむ系のいわゆる「おばんさい」が修行不足なためか、思い通りに作ることができないのですが、母が苦手とする洋食系や、てんぷらやとんかつなどの油を使う料理が得意技。しかもケチなので、食材の中でもどうしてもコストが高くつく肉類を何とか使わないようにしようと、毎回四苦八苦しています。 私の節約術はというと、肉を買ってきては全部を一度に使ってしまわずに、少量ずつ残しておいてから冷凍庫で冷凍します。 実は我が家の父は、鶏肉と洋食(シチュー・グラタン・パスタなど)が苦手で、私達が洋食を食べたいなと思うのならば、父の分の夕食を別に作る必要がでてくるのです。 そこで、私達が洋食を作る場合には、少しだけ冷凍しておいた肉を使い焼肉のタレで味付けをした肉料理などを出すようにしています。 肉は結構なコストがかかるので、父のためだけに肉を買っているとかなりのコスト高になってしまうので、取っておいた肉でぱぱっと父の好きそうなものを作ると、それでその日の夕食の予算は1食分浮くことになります。 多少セコいですが、ひとりだけ食べないからといって食べられないのは、結構地味に辛いので最近ではこの方法で食事を作っています。
お金を大事にするブログのトップへ戻る

2014/06/22 17:37:22 |

節約って色々な方法があると思いますが、私の自慢できる節約術をご紹介します。
まず簡単にできるのは光熱費の節約です。特に電気やガスなどは夏・冬でかなり金額が上がってしまいますから、家計の負担になります。ですからちょっとした工夫の積み重ねで料金を下げていくのです。
例えばガスですが、お風呂を沸かす際ちょっとぬるいかなと思うような温度に設定するのです。通常が40℃でそれを1℃下げても金額は大きく下がります。当然のことですが、沸いたらすぐに入浴するとお湯も冷めず追い焚きする必要がなくなってきます。大切なのは家族がいる場合で、なるべく連続して入浴するようにして最後の人は残り湯をなるべく使用します。
またキッチンでも同じくガスを節約!なるべく大量に一つの料理を作り、残る分は冷凍庫にて保管という方法を取っています。
ガスは気を抜くとすぐに金額が上がりますから、節約をするという気持ちを絶えず持っていないといけないのです。
次に電気ですが、自分のいる部屋のみ蛍光灯をつけるようにしていますし、待機電力もないよう工夫しています。特にコンセントはスイッチが付いているものを使用し、家電の主電源が必ず落ちているよう確認しています。
ドライヤーの使用も多くの電力を消費しますから、入浴後はよくタオルで水分を取りそれからドライヤーをするようにしています。
このように光熱費の節約は、結構大きな金額になりますし翌月にその成果が表れるので楽しくできるのです。
お金を大事にするブログのトップへ戻る

2014/06/10 22:55:10 |

私が日々行っている節約の方法はありきたりで地道なものですが、続けていけば結果につながると思い頑張っています。 まず、生活費は決めた金額以外は使わないようにしています。一週間に使う金額を決めて財布にいれます。それが足りなくなろうとも一週間はそれで何とか乗り切るのです。 次に、不必要な電気を消すようにしています。例えば、お風呂に入るときはリビングや洗面所の電気を消しますし、キッチンで料理するときもリビングは消します。使っていない場所の電気を無駄につけておかないようにすることですこしでも節電、節約をしています。 あとは、洋服など自分のお洒落のためのお金は古着やリメイクなどで安くすませるようにしています。さすがに節約のためにボロボロの服を着たり、かわいくない格好をすることは自分のモチベーションを下げてしまいます。けれども500円くらいの服でも掘り出し物でいいものがあったりしますし、少しリメイクするだけでトレンドの服のようにできたりします。 古着をさがすポイントは、季節が変わる前につぎの季節のものをさがすことです。その季節が到来してしまうと、トレンドのものはすぐに売れてしまうからです。 その他にも買いだめをしないようにしています。買いだめをするとまだたくさんあると思うせいか、大切に少しずつ使わない傾向があるからです。 あとはトイレットペーパーを一度にたくさん使わないなど、出来ることは何でもしています。 節約をすることは資源を大切にすることにもつながるのではないか思うので、これからもがんばります!
お金を大事にするブログのトップへ戻る

2014/05/03 13:54:03 |

私は結婚して4年目の専業主婦です。結婚前はずっと実家暮らしでしたが、自分なりに電気代などがかからないように工夫していたつもりでした。でも、結婚して節約を意識した生活をするようになって、ハッキリ言って独身時代は甘かったと思っています。
主人とアパートに暮らすようになって、電気代や水道代の検針票をしっかりと確認するようになりました。『今月のこの金額が来月もっと下がってくれたら、生活が楽になるのに』そのようなことを思いつつ、どこをどうすればもっと節約できるのか考えるようにしました。すると、それだけでも案外効果があるもので、どんどん金額が下がり節約できるようになりました。
まずは基本的な事ですが、使わない電源をコンセントから抜いたり、水道代はシャワーヘッドを節水できるものに変えたりということから始めてみると効果が出やすいのでオススメです。効果が出ることはやる気につながります。シャワーヘッドはホームセンターで安い物を買えば、すぐに元が取れると思います。
また、検針票だけではなく家計簿をつけるようにしました。
とはいえ、毎日つけるのは大変なので、本屋さんで売られているレシートを貼り付けていくタイプの物を購入して使っています。
とにかく貼るだけなので簡単ですし、しかもお財布の中もスッキリするのでなかなか良いと思い、もう数年使っています。
これを行う事で毎月の出費の金額がハッキリ分かる事はもちろん、次回同じものを購入するときにレシートを調べてからお店に行き、前回よりも安い金額で購入するようにしていくと、かなり節約になって行きます。
節約は時には我慢も必要だと感じますが、工夫ひとつで出来ることが多いと感じます。今後もコツコツ節約を頑張ろうと思います。
お金を大事にするブログのトップへ戻る

2014/05/03 13:54:03 |

節約の第一歩は「買わなくていいものを探す」です。今ある物で済ますことも重要ですが、繰り返し消耗するものはまとめ買いしたり、何度も使えるものにします。私の場合、日々の消耗品に注目し、まず生理ナプキンを使い捨てのものから布に変えました。毎月600円前後の節約ですが、もう3年以上続いているので長い目でみると大きな節約になっています。節約は、短期で考えず、長期でゆるく続く方法の方が「術」として定着するようです。最近はデパートの下着コーナーにも布ナプキンが何種類も置いてあるのでトライしやすい節約術だと思います。布ナプキンを手作りする方もいるようですが、面倒くさかったり、時間がかかると節約は進みません。気軽に手に入るものを利用して節約に結びつける方が賢いと思います。
次に、床掃除用の雑巾を使い捨てから、布に変えました。これまで床掃除には市販の不織布でできた、ワイパーにつける使い捨てタイプを愛用していました。子供にハウスダストのアレルギーがあるため、我が家ではこれを朝晩使っていたら結構な金額になっていました。そこで、市販のものと同じサイズの雑巾を何枚も作り、ワイパーにつけたところ遜色なくほこりが取れたので布に変えました。ほこりがひどい時や、急な来客で急いで掃除する時はいまだに使い捨てのものを使っていますが、時間のある時は布にしています。100%完璧に節約しようと考えず、できる時、余裕のある時に節約を意識するというのが無理がないようです。
お金を大事にするブログのトップへ戻る

2014/05/03 13:53:03 |

クレカで節約できるということがわかり、数年前から毎月決まった支払いなどはクレカ払いへ変更しました。
とは言っても、私の住んでいる所では、クレカ払いにできないものも意外と多くあり、それがとても勿体無いのですが。 その他にも、お買い物に行く際は必ずエコバック持参してポイントを貯めたり、割引品を買うようにしたり。 昼間家にいる時は、家中の使わないコンセントを抜いてコマメな節電を心がけています。 本当に基本的なことばかりなのですが、最近はテレビでも色々な節約法を紹介しているので、それをどんどん取り入れて もっと節約に励もうと思っています。 ですが、毎日セコセコ節約するのは、何気に心が疲れてしまいます。 例えば、どうしてもその店で買い物したいのに、ポイントカードやクレカを忘れてしまった。 でも後日また来るのはガソリン代が勿体無い。といった風に節約にこだわるあまりイライラすることも多々あります。 しかしそういった時には、その先の報酬について考えます。 それは旅行です。 クレカでの節約を始めて貯めたポイントは、家族旅行にポーンと使ってしまいます。 普段買い物をするスーパーなどはクレカが使えない所ばかりなので、一年に貯められるのはせいぜい2万円未満。 でも、それも現金払いしていたら無かったものな訳で、とてもお得なんですよね。 それに、私の持っているクレカはキャンペーンに登録するとポイントが倍〜10倍にもなりますし、本当に手放せないアイテムのひとつになりました。 ただ、クレカ払いこだわるあまり、使いすぎたり使いどころを間違ったりと失敗したこともあったので、 そこら辺は今後も気を付けて、益々節約に励んでいこうと思っています。
お金を大事にするブログのトップへ戻る

2014/05/03 13:53:03 |

パワハラを受け転職し収入も落ち、そして4月からは消費税、電気代、ガソリン価格が上がり節約することが強要されています。そこで私がやっている節約術は給料が入ったら支払うものと残りをすぐ分けます。そして今月はこれ以上使わないという金額を残して貯金します。手元には必然的に使える分しか残りません。あと仕事が外回りですのでコンビニなどでよく買い物をしてしまいます。ですので一日使う分以外は財布に入れないようにします。これも浪費癖のある自分にとって強制的に抑制します。結構ストレスがたまるのでたまにはルールを破ります。またガソリンもレギュラーより燃費が良いというハイオクガソリン価格差によってはもしかして節約になるのかと思い現在実験中です。リッター10円位の価格差であれば燃費1,2キロ良くなれば価格差を逆転できるのではないかと自分なりに考えています。買い物するときはネットで価格を調べて買います。やはりネットのほうが安いという場合が多いです。この時登録してあるポイントサイトを経由してネットショップにアクセスします。そうすると購入金額の1パーセントがポイントサイトのポイントとしてつきます。もちろんネットショップのポイントもつきます。こうすることにより普通にネットで購入するよりもお得に買い物をしています。ちりも積もればという事です。節約にも限度があるのであとはアンケートサイトなどを利用してお小遣いをためています。給料が上がれば問題ないのですが。
お金を大事にするブログのトップへ戻る

2014/05/03 13:41:03 |

節約というと食べ物や光熱費などが定番ですが、見落とししがちなものがあります。
その中の一つに水があります。 トイレで汚物を流す水は4〜5リットルですが、それを飲める水で流す必要があるでしょうか? そんなものは風呂の残り湯や雨水で十分です。 風呂桶から水を運んでくるのは大変ですが、雨樋を少し改造し、トイレ脇に大きめのタンクを設置するなどして、トイレのタンクに給水できるようにするなどすれば無駄な水道代を払わなくてもすみます。 又、庭木や花があるのでしたら散水にも十分使えるものです。 電気であればLEDライトも安くなってきており、豆球でもかなり明るい物もあり、PCであればノートPCやタブレットであればパワーのあるデスクトップほどの電気も食いません。 又、家電も省エネタイプのエアコンや冷蔵庫などは、古いものをつかうより、そちらを購入したほうが結果的に安くなるというものもあります。 何よりも家計簿のようなものをつけ、月の出費を把握する事が重要です。 レシートは捨ててしまわず、写メを取ってでもかまいません。 又、写メのレシートをデジタル化してくれるソフトなどもあり、これなら打ち込む手間もありません。 節約は楽しんでやるもの、その方法を調べ、考え実行するのも楽しいものですが、考えるのが面倒であれば節約情報のサイトなどを巡り、他者の知恵を取り入れるのも一つの方法です。 節約は度が過ぎるとケチなどと陰口をたたかれることもあり、何事も程度というものが必要で、健康や人付き合いに影響がでては意味がありません。 節約は楽しみながら、本末転倒にならないようにしたいものです。
お金を大事にするブログのトップへ戻る